« 猫撫で草紙 その11 | Main | 猫撫で草紙 その13 »

2008.03.06

猫撫で草紙 その12

taramamaです。
コメントお寄せいただきありがとうございます。
7年前。ブログというのがあれば毎日たみちゃんの話を更新してたかも、、、
なんて考えることがあります。
ブログはもとよりデジカメもパソコンも持ってませんでした。
この7年間で私たちを取り巻く環境はずいぶんと様変わりしましたね。
7年前の春。。。みなさんはいかがお過ごしだったでしょうか?
Cimg4531s


       そ
         れ
           で
             は
               つ
                 づ 
                   き
                     を
                       は
                         じ
                           め
                             ま
                               す  


<猫撫で草紙 その12>

その冬その冬石油ストーブに初めて点火する時、鼻先を掠める灯油の匂いは過

ぎ去った幾つもの冬の記憶を呼び覚ましてくれる。その冬のひとつ前の冬、ふた

つ前の冬、十年前の冬、もっともっと前の冬、、、

あの時もこの匂いで記憶を辿ったなあというその時々の断片が写真の中の写真

の如く、鏡の中の鏡の如く奥へ奥へと続いて行く。

ことこと煮込む大鍋料理にもお誂え向きだし、薬缶をかけてその蒸気で室内を

乾燥させないようにするにも最適だし、何よりも、オレンジ色の炎を眺めてさ

えいれば記憶の中でうっとりできるので、リビングには昔から石油ストーブと

決めている。もちろん暖炉や囲炉裏があれば申し分無い訳だが、円筒形のオブ

ジェでもその炎は充分に暖かく、温かい。

猫は神出鬼没にやって来るから、寸足らずのレースの架かるサッシ窓はいつも

二十センチほど開けておくようになったため、その冬は早々にストーブの出番

となった。

夕食時は常に、たみちゃんやたみちゃんの仲間たちの気配、例えば軒上から跳

び下りてどさっと着地する音や、後足で喉元やうなじを掻く時に鳴る鈴の音など

を開いた窓越しにそれとなく聞いていた。


ある夜、テレビの置いてある出窓からの「ギャーーオーーーッ」という一段とけた

たましい鳴き声にびっくりして、

「たみちゃんどうしたの?」

と顔を出して叫んだら、彼女の後をいつも追い掛け廻しているトラ猫君がまさに

その瞬間、暗闇の中から走り去った。もっとびっくりしたのはB婦人の娘さんが

すぐ駆けつけて来たことだ。偶然通りかかったのかもしれないが、たみちゃんを

探していたのかもしれない。

「たみ子、たみ子」

と大声で呼びかけながら、窓から顔を出した家主にも構わず、猫を保護しよう

として塀の内側の隙間に入り込む。勝手口に移動した猫はその声をしっかり聞

いてから玄関前に抜け、即座にそれを伝えるとBさんは慌てて走って行く。

急いで玄関に廻りドアを開けると、無事Bさんに抱かれたたみちゃんがいた。

B婦人とは何回か会って立ち話をしたことがあるが、B嬢とはその夜、初めて

会ったようなものだ。私より一回りくらい年上かな、と思わせるB嬢は、

「いつもたみ子がお世話になっているようで」

という挨拶の後、

「このところ、しょっちゅうさっきの猫に追いかけられているんですよ」

と、たみちゃんのことは全て把握しているという口ぶりで話し出した。

「M町に住んでいるのですが、そこの家では猫が飼えないもので実家に預けて

いるんです。斉藤さんがかわいがってくれているという話は母から聞きました。

実家には母と弟の二人暮しなもので、毎日様子は見に来てはいるんです。

たみ子は生まれた直後、母親がすぐにいなくなってしまったんでねえ。猫って

死ぬ時は人知れず姿を隠すって言うでしょう? そんな感じで、いつの間にか

いなくなってしまったんですよ・・・

母猫が傍にいなかったものだからか、甘えん坊で人に懐く猫になっちゃいまし

てねえ。猫は他にも数匹飼っているんですが、ほかの猫と仲良くしないんです

よ、一匹狼みたいな猫でして・・・」


次々に語る間、B嬢にしっかりと抱かれた猫はじっと私の顔を見ていた。

一週間前、首輪の鈴が取れているのを知り、新しく付け替えたことに気付いて

いるのだろうか? 

つい先日は我が家のソファーで一夜を明かして至福の朝を迎えたのですよ、、、 

もしかしてご主人やご家族が猫アレルギーなのかな? 

母猫がいなくなったってどういうことなの? 出入り自由にしていて、去るもの

追わず状態ってことじゃないの???   

頭の中では次々に詮索が始まったが、その夜は何の質問もせずに見送った。

B婦人と話していても埒があかないことが多かったが、なるほどたみちゃんは

B嬢に溺愛されているんだなとつくづく納得したから。。。


つづく


猫撫で草紙 その13へ


« 猫撫で草紙 その11 | Main | 猫撫で草紙 その13 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14998/40396307

Listed below are links to weblogs that reference 猫撫で草紙 その12:

« 猫撫で草紙 その11 | Main | 猫撫で草紙 その13 »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

さいとうけいこピアノソロCD 

  • あさきゆめみし↓ [Sold Out]
  • 天使の梯子↓ [Now On Sale] ◇TOWER RECORDS で購入 ◇カワイふじみ野ショップ(TEL 049-262-7778)にてもお取り扱いしております
My Photo

動画 you tube

  • 猫じゃらし
  • 伊達巻
  • トンボじゃらしLove

吟遊ピアノ you tube

  • お香箱
  • 平成申年MonkeyTonk

猫マニアッ句 ~猫の歳時記2009(春編)

  • 090419kitamadowoakeru
    猫マニアッ句 ~猫の歳時記2009~(春編) 写真俳句ブログにて2009年1月~2010年1月までアップしたものをまとめてあります。 春の季語で詠んだものを春編としました。

猫マニアッ句 ~猫の歳時記2009(夏編)

  • 090703kyuurimomi
    猫マニアッ句 ~猫の歳時記2009~(夏編) 写真俳句ブログにて2009年1月~2010年1月までアップしたものをまとめてあります。 夏の季語で詠んだものを夏編としました。

猫マニアッ句 ~猫の歳時記2009(秋編)

  • 091102ringo
    猫マニアッ句 ~猫の歳時記2009~(秋編) 写真俳句ブログにて2009年1月~2010年1月までアップしたものをまとめてあります。 秋の季語で詠んだものを秋編としました。

猫マニアッ句 ~猫の歳時記~2009(冬編)

  • 091225sanbika
    猫マニアッ句 ~猫の歳時記2009~(冬編) 写真俳句ブログにて2009年1月~2010年1月までアップしたものをまとめてあります。 冬(および新年)の季語で詠んだものを冬編としました。

FC2ブログ

  • Yoduri
    2008年FC2blogにてアップした記事をまとめてあります。全106枚
無料ブログはココログ