« 猫撫で草紙 その25 | Main | 猫撫で草紙 その27 »

2008.04.28

猫撫で草紙 その26

「猫撫で草紙」をご笑覧いただき、ありがとうございます。
2000年夏から2001年夏までの「猫たちとの一年」を綴っていますが、
そろそろフィナーレに近づいてまいりました。どうぞ最後までお楽しみに!

先々週、taramama は横浜に行ってきました。
本日の写真は赤レンガ倉庫でのフラワーフェステバルです。

013s13


019s13


016s13

                     そ
                     れ
                     で
                     は
                     つ
                     づ
                     き
                     の
                     は
                     じ
                     ま
                     り
                     は
                     じ
                     ま
                     り


<猫撫で草紙 その26>

梅雨に入っていた。

たらの身体は一回り大きくなったようだ。やって来たばかりの頃のようにそれほど

量を食べなくなっていた。

二回目の予防接種に病院に行き、投薬の努力の甲斐あって、『異常なし』の折り

紙付きとなり、やっと一息つく。「不妊手術は秋頃ですね」と言われて帰宅した。

しかしその数日後、たらは出血した。

このところ食欲も落ちて、やたら寝てばかりいるなと思った矢先だった。

トイレの砂やソファーに敷いてあるバスタオルにも出血を認め、あわてて動物病院

に電話をする。

「ワンちゃんには生理があるけれど猫ちゃんには無いのですよ。」

「診察しますからすぐにでも連れて来てくださいね」

先生の奥様に言われ、電話を切ると即座に連れて行った。車で五分の距離だが、

キャリーに入れられた猫はか細い声で怯えたように鳴き続ける。車はどうも苦手

なようで、まるでどこかに捨てられに行くのではないかと疑っているような、

哀しい鳴き方をする。

「先生に診てもらいに行くんだからねー、もう少しで着くから我慢してねー」

と、運転しながら宥めすかすしかない。

病院ではレントゲンを撮った。

「お腹にしこりがありますね。膀胱炎かもしれない」

と、またもや飲み薬を処方されて帰って来た。

帰ってきた途端、電話が鳴った。

「たらちゃん、妊娠しています」

レントゲンの写真を見た先生からだった。

「一匹お腹の中に居るのだけれど死産ですね。外に出て来れなくてそれで出血

があるんですね」

びっくりした。

緊急手術することになり、再びたらをキャリーに入れて車に乗せて病院に運ぶ。

術後は病院に一泊となり、折しも夫は関西に出張中、心細いその夜を一人きりで

過ごさなくてはならなかった。

次の日、夕方に先生から電話があり、予定通り夜八時に迎えに行くことになる。

「たらちゃん、元気ですから」の一言に思わず涙が出た。

昨夜は夢見が続く浅い眠りだったので、何処かにまだ疲れが残っていた。

最後に見たのは、霧雨が降る雲の切れ目から、白黒猫が傘をさしてゆっくり降り

て来る夢だった。雲の切れ目からは一筋の光が放射していて、かなた遠くには

虹がかかっていた。

よく見ると猫は一匹でなく、あっちにもこっちにもいろんな模様の猫たちがそれ

ぞれに色とりどりの傘をさし、芋虫の様に身体を丸めて上手にバランスをとりな

がら、空の高みからゆっくりゆっくり降って来る……

 … ゆっくりゆっくり ……   ゆっくりゆっくり降って来る  ……

   

                       
                               


ケージの中で蹲る様にして待っていた猫は、名前を呼ばれると、口を「にゃお」

という形に動かして私を認識した。声は出さなかった。

先生に、

「恐がっているから噛み付きますよ」

と注意されたが、至極素直に抱かれてくれた。

どうやら先生は、噛み付かれたらしい。

車中は行きと変わらず鳴き通し。家に着いてからリビングで再び抱いてみたが、

いつものように喉を鳴らさない。缶詰を開けて皿に盛ると喜んで食べ始め、

その後トイレを使ってから漸く落ち着いたのか、やっと喉をゴロゴロ言わせた。


たらに投薬するようになってから、たみちゃんをなるべく部屋には入れないように

していた。その間一ヶ月あまり、梅雨の季節でも相変わらず朝ごはんを食べに

来る彼女のために、勝手口に置きっぱなしの棚に雨除けの工夫をしてベッドを

作っておいた。そしてたみちゃんは、何時間もそのベッドで昼寝をしていた。

たらの手術が終わってからも抗生物質の投薬をしなくてはならない。何度もやっ

ているうちに、飼い主も猫の方も慣れて来たのか、それほど大騒ぎをすることも

無くなった。それよりも、腹巻状の包帯はもとより、傷口を縫った糸を毛繕いの

ついでにぷつぷつと噛んでしまうのには困った。毎日続けているうちに糸はいつ

の間にか取れてしまい、毛を剃られたお腹の傷跡が腫れて来た。膿んでしまうか

もしれないのでまた病院へ走り、注射を一本打ってもらう。


何度も何度も車に乗せて病院に通った訳だが、車にだけはどうしても慣れてくれ

ない。


<つづく>

猫撫で草紙 その27へ  

« 猫撫で草紙 その25 | Main | 猫撫で草紙 その27 »

Comments

たらちゃんは大変なことがあったんですね、たらままの夢から心配の程が分かります。のびたは娘に拾われたときは裂頭ギョウチュウを持っていたのと、今もお腹を空かせたときあわてて食べすぎ水を飲んだ直後に吐くことがある以外は健康ですが、いつも1~2時間の外出しかしないのに早朝から夜9時過ぎまで行方不明になり心配したことがあります。

>kazutyanさん、

 この時も大変だったのですが、実はこの後もっと大変なことが
 あるのです。つづきをどうぞお楽しみに!
 
 のびた君はお散歩に出してもらえるのですね。
 羨ましいですにゃ~

なんとたらちゃんにそんな大変な過去があったとは…。

うちの母猫めーめは家に住み着くようになって、ただのおでぶさんではなく、妊娠中であることが判明。
え~、どーするってうろたえているうちに4匹の子猫を産みました。

お腹のコを守ろうとしていのかもしれませんね。

獣医さんには牙はむくのに、たらままにはうにゃん♪してしまうたらちゃんって、猫らしくてますます、好きになりました。

>はづきさん、
 
 えええっ?

 っということは、
 もしかしたら猫というのは出産のために産み場所を
 必死に探すってことでしょうか?

 めーめちゃんは無事に子猫を産めて良かったですね。
 でもそれこそ大変な騒ぎだったことでしょう。。
 
 
 

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14998/41021277

Listed below are links to weblogs that reference 猫撫で草紙 その26:

« 猫撫で草紙 その25 | Main | 猫撫で草紙 その27 »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

さいとうけいこピアノソロCD 

  • あさきゆめみし↓ [Sold Out]
  • 天使の梯子↓ [Now On Sale] ◇TOWER RECORDS で購入 ◇カワイふじみ野ショップ(TEL 049-262-7778)にてもお取り扱いしております
My Photo

動画 you tube

  • 猫じゃらし
  • 伊達巻
  • トンボじゃらしLove

吟遊ピアノ you tube

  • お香箱
  • 平成申年MonkeyTonk

猫マニアッ句 ~猫の歳時記2009(春編)

  • 090419kitamadowoakeru
    猫マニアッ句 ~猫の歳時記2009~(春編) 写真俳句ブログにて2009年1月~2010年1月までアップしたものをまとめてあります。 春の季語で詠んだものを春編としました。

猫マニアッ句 ~猫の歳時記2009(夏編)

  • 090703kyuurimomi
    猫マニアッ句 ~猫の歳時記2009~(夏編) 写真俳句ブログにて2009年1月~2010年1月までアップしたものをまとめてあります。 夏の季語で詠んだものを夏編としました。

猫マニアッ句 ~猫の歳時記2009(秋編)

  • 091102ringo
    猫マニアッ句 ~猫の歳時記2009~(秋編) 写真俳句ブログにて2009年1月~2010年1月までアップしたものをまとめてあります。 秋の季語で詠んだものを秋編としました。

猫マニアッ句 ~猫の歳時記~2009(冬編)

  • 091225sanbika
    猫マニアッ句 ~猫の歳時記2009~(冬編) 写真俳句ブログにて2009年1月~2010年1月までアップしたものをまとめてあります。 冬(および新年)の季語で詠んだものを冬編としました。

FC2ブログ

  • Yoduri
    2008年FC2blogにてアップした記事をまとめてあります。全106枚
無料ブログはココログ