« 天然の猫に天然猫じゃらし | Main | アンニュイな面に送られ夏は行く »

2010.09.17

月白に猫は呼ばれて出家する


Tsukisiro



内田百閒の「ノラや」を先日読み終えました。
昭和32年の作。講談社内田百閒全集第八巻には当時撮影された作者の写真もあります。
おじいちゃんです。

おじいちゃんの飼い猫「ノラ」が或る日出かけてゆき、その帰りを来る日も来る日も待ち侘びるが、
一向に帰ってこない。消息もつかない。
毎日ノラの姿を思い出しては枕を濡らし、食事ものどを通らず顔も洗わず風呂にも入る気が起らず。
その記録は猫に興味が無い人にはただの奇人変人にしか映らないでしょう。
 
「ノラや」に続く「ノラやノラや」、「ノラに降る村しぐれ」、「ノラ來簡集」を読んで驚いたことは、
ノラに限らず雄猫は失踪するケースが多いということ。
春先、交尾期が来て、使命感に燃え立ったかのようにどこかに行ってしまった・・・
というエピソードを「ノラや」の読者が百閒先生への手紙で、慰めと励ましの言葉と共に寄せていました。

現在のように室内飼いもされず去勢もされず自由に飼われていた頃の雄猫たち。
ひょいと出かけてしまってから何カ月も帰ってこなくなり、
しかし半年や1年経った或る日、ひょっこり帰って来たと思いきやまたぞろどこかに行ってしまい、
そしてその後は一度も姿を見せることが無かった・・・
というケースが多かったようで、びっくりするやら切なくなるやら。

いくら可愛がっていてもいくら気心が通じていても家を出ていくというのは、
人間には計り知れない、猫だけにしか分からない世界があるような気がしてなりません。
それは一体どんな世界なのか?

もしかして今話題のダークマターと何らかの関係があったりして?
な~んて思ってしまう2010年読書の秋




【つきしろにねこはよばれてしゅっけする】




...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

« 天然の猫に天然猫じゃらし | Main | アンニュイな面に送られ夏は行く »

Comments

heart02イタタタタ。。今日のは胸が痛いナウ。。子供の頃を思い出す。。
待ちわびて。。窓辺のかすかな。。音も聞き逃すまいとした事。。マジこめ。。

こんばんニャン!!
我が家のプチは雌だから家の周りからは離れないけど
以前飼っていた ムニ、チーコは雄でよく外へ出て発情期になると
2~3日帰らないことがあり、怪我してきたりしましたニャ~!coldsweats02  
人間に限らず雄猫にはホント、困ったものですニャ!!sad
心配ばかりさせられましたニャ!
家族同様、暮らしていたものが 行方不明となるとラジオに放送してもらったり、そこらじゅう探し回りましたニョ~ !weepあの心配だけはしたくないニャ~~! gawk
たらちゃんは大丈夫だと思うけど・・・

「ノラや」 この間、可借夜さんに伺ってから、
ずっと気になってて、でもきっと私読んだら号泣ですね…
猫だけの世界、きっとありますね。
覗いてみたいけど、人間には無理なんだろうなぁ…
来世はぜひ猫に生まれて、その世界を体験してみたいですwink

今ね!おねいちゃんが盛んに私を呼ぶので行ってみたら、
窓の外にお月さまがmoon1
どうやら私に見せたかったみたいなんですよ。
句心がなく、俳句が浮かばないのが
残念な体験でした。くすんcoldsweats01

だいぶん昔の話になりますがオスの黒猫に失踪されたことがあります。だから百閒先生の気持ちは痛いほどわかるなあと。
木賊の茂みを見かけるとノラのことを思います。きっとアレはワームホールに通じているんですな。

こんばんは

内田百閒の「のらや」は読んだことないけど、映画「まあだだよ」にもでてきますね。
百閒先生がすっかり気落ちして、昔の生徒たちが探し回る場面がありました。

猫はボヘミアンなのかな?
「猫は出家する」おもしろいですね

moon1jazzmaineさん、
jazzmaineさんのマジコメにもうるうるしちゃいそう。
>窓辺のかすかな音も聞き逃すまいとした
そういう描写もたくさんありました。。
 
moon1ルフレママさん、
♂は猫も人間もそういうものなのでしょうか?
ルフレママさんの場合は帰ってきたのですね、良かったですね。
たら(♀)も一度、旅行中に疾走して失踪したことあります。
3日後に無事保護しましたがその間辛かった。
 
moon1クシネさん、
「ノラや」は多分、猫本の元祖です。辛いものがあるから、
「泣きたくなった時」に読む本としてお奨めです。
しかし今までで一番泣けた猫の本は平出隆の「猫の客」でした。
 
moon1たろてつさん、
なるほど。神隠しもあることだしワームホールという考えはズバリですね。
ノラの後に住み着いたクルツ。
クルツが居てもノラのことを思う百閒先生の微妙な心理描写。
たら(♀)がクルツのような存在だったこともあり、そこらへんも胸キュンでした。
 
moon1silent-hollyさん、
「まあだだよ」是非見てみたい映画です。
東京タワー建設中の頃の「三丁目の夕日」と似たような時代設定なのではないでしょうか?
猫はある意味ボヘミアンだと思います。
むしろ現代の飼い方の方が変なのかもしれませんね。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14998/49454484

Listed below are links to weblogs that reference 月白に猫は呼ばれて出家する:

« 天然の猫に天然猫じゃらし | Main | アンニュイな面に送られ夏は行く »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

さいとうけいこピアノソロCD 

  • あさきゆめみし↓ [Sold Out]
  • 天使の梯子↓ [Now On Sale] ◇TOWER RECORDS で購入 ◇カワイふじみ野ショップ(TEL 049-262-7778)にてもお取り扱いしております
My Photo

動画 you tube

  • 猫じゃらし
  • 伊達巻
  • トンボじゃらしLove

吟遊ピアノ you tube

  • お香箱
  • 平成申年MonkeyTonk

猫マニアッ句 ~猫の歳時記2009(春編)

  • 090419kitamadowoakeru
    猫マニアッ句 ~猫の歳時記2009~(春編) 写真俳句ブログにて2009年1月~2010年1月までアップしたものをまとめてあります。 春の季語で詠んだものを春編としました。

猫マニアッ句 ~猫の歳時記2009(夏編)

  • 090703kyuurimomi
    猫マニアッ句 ~猫の歳時記2009~(夏編) 写真俳句ブログにて2009年1月~2010年1月までアップしたものをまとめてあります。 夏の季語で詠んだものを夏編としました。

猫マニアッ句 ~猫の歳時記2009(秋編)

  • 091102ringo
    猫マニアッ句 ~猫の歳時記2009~(秋編) 写真俳句ブログにて2009年1月~2010年1月までアップしたものをまとめてあります。 秋の季語で詠んだものを秋編としました。

猫マニアッ句 ~猫の歳時記~2009(冬編)

  • 091225sanbika
    猫マニアッ句 ~猫の歳時記2009~(冬編) 写真俳句ブログにて2009年1月~2010年1月までアップしたものをまとめてあります。 冬(および新年)の季語で詠んだものを冬編としました。

FC2ブログ

  • Yoduri
    2008年FC2blogにてアップした記事をまとめてあります。全106枚
無料ブログはココログ